2017年2月 3日 (金)

ドライブレコーダーを導入しました。

ドライブレコーダーを導入しました。ついでに、ヘッドランプの曇りを除去してもらいました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

高齢運転者に関する交通安全対策の規定の整備について(平成29年3月12日施行)

本日、「広報けいしちょう」が新聞に入っていました。改正道交法が3月12日に施行されるそうです。

Kourei_1
(注記)認知症のおそれがある方は、後日、臨時適性検査を受け又は医師の作成した診断書を提出するものとされ、検査結果等により認知症と判断された場合は、運転免許の取消し又は停止となります。

満70歳以降の免許更新時における「高齢者講習」の合理化・高度化が図られるとの内容です。「自分は大丈夫」と思う高齢者が背負うリスクの軽減になるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

何時まで運転するのか? PartⅡ

高齢者による事故の報道が数多くされています。一方、高齢者が車を運転せざる得ないこと理由の一つに、「交通インフラが乏しい地域では、自家用車が唯一の移動手段だという場合も多く、しかもそういう地域に限って住人の皆さんは高齢者が多かったりします。年齢制限で免許を取り上げられてしまうと、日用品の買出しすら出来なくなってしまうわけです。」ということが言われているようです。

これは事実なのでしょうか。生協による宅配を利用していますが、生鮮食料品から衣料品、日用雑貨まで幅広い商品が宅配されています。しかも、島嶼地域の一部を除き、47都道府県すべてでサービスが受けられます。病院に行くのが問題であることは否定できませんが、「日用品の買い出しすらできない」=「買物弱者」というのは正確ではないのでは.....

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

綺麗な青です

マツダさんのデミオがマイナーチェンジするようです。今までになかった「エターナルブルーマイカ」という塗色は綺麗な青です。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

S-FRは発売されるのでしょうか

TVCMで、S-FRを見ました。S-FRが発売される前触れなのでしょうか。期待しています。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

フェラーリもやってきました

2000GTの1/24が迫力満点だったので、1/24のフェラーリも入手してしまいました。

F40

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

1/24とはすごい

国産名車コレクションが、1/43ではなく、なんと1/24で発売されることになりました。思わず、Amazonさんに発注しました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

ロードスターRFが発売になるそうです

CR-Zが生産中止なる一方、マツダさんからロードスターRFが発売になるそうです。2代目 NC型 RHTとは異なり、ファストバック的なスタイルは気に入りました。

Photo

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

CR-Zが生産中止

2010年2月に発売したスポーツタイプのハイブリッド車(HEV)「CR-Z」の生産を2016年内に終了するとのことです。残念。

Crz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

実測値ではなく、机上の計算?

三菱自動車さんに加えて、スズキ株式会社さんでも、国が定める規定と異なる測定方法の数値で燃費の計算がされていたそうです。

『申請時には、惰行法により実測したデータではなく、惰行法実測値と比較し妥当性をみた上で、タイヤ、ブレーキ、トランスミッションなどの装置毎の転がり抵抗の実測値や風洞試験装置での空気抵抗の実測値を積み上げた走行抵抗値を使用していたことが判明いたしました。』とのことですから、実測値ではなく、机上の計算値だったということでしょうか。

『全ての申請値が惰行法による実測値の測定誤差の範囲内であることを確認いたしました。
したがいまして、申請した走行抵抗値及びそれにより測定した燃費値については修正の必要はないと考えております。』と説明していますが、大丈夫でしょうか。

これが正しくないとすると さらなるウソをついたことになるので、アルトの宣伝をしていた某女性タレントと同じ轍を踏むことになります。杞憂で終わることを祈念します。

Photo

「※2 燃料消費率は定められた試験条件での値です」という上記CMの注記は、事実と異なることに気づきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧