« 大阪城の売店が | トップページ | nonnoの看板モデルでしたね。 »

2018年7月29日 (日)

クリムト没後100年記念だそうです。

オーストリアを代表する画家グスタフ・クリムト(1862~1918)の作品を紹介する「クリムト展 ウィーンと日本 1900」が来春、東京都美術館で開催されるそうです。これは楽しみです。

Photo_2
クリムトと言えば、同じベルヴェデーレ宮殿オーストリア絵画館(オーストリア・ギャラリー)に所蔵される「接吻」。初めて見たのは、シェーンベルクの浄夜のジャケットです。今回は来日しないようです。

Photo_3
リヒャルト・デーメルの「浄められた夜」は、他人の子を身ごもった女性と結ばれる男女の詩とのことです。女性の告白に対して、男性は、「この温かみが見知らぬ子を浄めるだろう。きみはその子を僕のため、僕の子として産んでおくれ。」と言い、その後接吻をするという内容とこの絵はリンクします。

|

« 大阪城の売店が | トップページ | nonnoの看板モデルでしたね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/73940433

この記事へのトラックバック一覧です: クリムト没後100年記念だそうです。:

« 大阪城の売店が | トップページ | nonnoの看板モデルでしたね。 »