« 国交断絶とは...油断となるリスクは | トップページ | 第一種低層住居専用地域でも民泊が可能に »

2017年6月 9日 (金)

首相の狙いは2度外れ

2016年6月に、英国保守党のキャメロン首相は、イギリス独立党の勢いに歯止めをかけるとともに、EU離脱派の議員を押さえ込むために、国民投票を行いました。しかし、狙いは外れて、EU離脱が決まり、辞任することになりました。

2017年6月に、保守党のメイ首相は、国民からの信任を確固なものにしたいために、2020年5月を行われるはずてあった総選挙を前倒しで実施しました。しかし、狙いは外れて、単独過半数あった議席を減らし、単独過半数を割り込むことになりました。

民主主義の難しさを考えさせる事象です。

Uk

|

« 国交断絶とは...油断となるリスクは | トップページ | 第一種低層住居専用地域でも民泊が可能に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/70811100

この記事へのトラックバック一覧です: 首相の狙いは2度外れ:

« 国交断絶とは...油断となるリスクは | トップページ | 第一種低層住居専用地域でも民泊が可能に »