« ヨークシャー・プディングとは | トップページ | グラナダとバルセロナへの1泊2日旅行について »

2017年5月31日 (水)

アルハンブラ宮殿は遠い

マドリッドへの直行便ができたので、マドリッドに9連泊の宿を確保し、ユーレイルパスを活用してグラナダとバルセロナに各一泊の小旅行をするというプランを作り始めました。エアホの画面で、アトーチャ駅に近く、付近にスーパーもあるということで、アグマールというホテルが良いと決定。調べてみると1980年に泊まったホテルでした。

1_2
これは、何かの縁と言うことだと思い、是非アルハンブラ宮殿の「アラヤネスの中庭」、「ライオンの中庭」、ヘネラリフェ庭園を再訪したいと思いました。

Photo

1980dst203

1980dst205

ところが、グラナダ行の列車がとても少なく、しかも、同宮殿の入場制限もあり、一泊二日の旅では難しそうなことが分かりました。

旅行会社さんの旅の紹介でも、「アルハンブラ宮殿及びヘネラリーフェ庭園は、予約システムの変更により入場チケットの確保が困難となっております。その為、前日4日目夕刻又は夜、あるいは旅行日程を入れ替えてご案内する場合がございます。また、万が一入場券が確保できない場合は、代替観光として、バルセロナにてグエル公園へ入場観光にてご案内いたします。入場券の確保の可否は現地予約システムの都合上、最終日程表でのご案内となります」との記載があり、本当に難しいのかなと得心しました。

|

« ヨークシャー・プディングとは | トップページ | グラナダとバルセロナへの1泊2日旅行について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/70724914

この記事へのトラックバック一覧です: アルハンブラ宮殿は遠い:

« ヨークシャー・プディングとは | トップページ | グラナダとバルセロナへの1泊2日旅行について »