« ポンドに両替しました | トップページ | 美味しいものを頂いてから、名画の鑑賞 »

2017年4月30日 (日)

杞憂なのか、君子危うきに近寄らずなのか

ローマ法王フランシスコは4月29日、緊張が高まる北朝鮮問題について「世界は破壊的な戦争の危機にさらされている」とし、「ノルウェーのような第三国が、北朝鮮と米国の調停役になるべきだ」と提案したとの報道がされています。そんな時に「ゴールデンウイークに朝鮮半島に旅行に行くことのリスク」を語るのは、杞憂なのか、君子危うきに近寄らずなのか?

あるいは、1950年6月25日早朝に起きた事象を想起すべきなのか?

Photo

|

« ポンドに両替しました | トップページ | 美味しいものを頂いてから、名画の鑑賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/70425726

この記事へのトラックバック一覧です: 杞憂なのか、君子危うきに近寄らずなのか:

« ポンドに両替しました | トップページ | 美味しいものを頂いてから、名画の鑑賞 »