« Technical strategy manager for Volkswagen of America | トップページ | 「傾向と対策」とDefeat Deviceについて »

2015年9月24日 (木)

EA288型は本当に大丈夫なのか

排出ガステストを不正にクリアする違法なソフトウェアが装着されていたのは、米国では2009-2015年モデルで、「EA189」型と呼ばれる2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」エンジンとされています。

一方、最新ディーゼルエンジンである「EA288」型は欧州のユーロ6排出ガステストを受けるにあたって、不正な手段は用いていないと、アピールしています。同型は、排気ガス再循環システム、インタークーラーとインテークマニホールドの一体設計などにより、排出ガス中の有害物質を低減させているとの説明です。本当に大丈夫なのでしょうか。

288

|

« Technical strategy manager for Volkswagen of America | トップページ | 「傾向と対策」とDefeat Deviceについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/61755193

この記事へのトラックバック一覧です: EA288型は本当に大丈夫なのか:

« Technical strategy manager for Volkswagen of America | トップページ | 「傾向と対策」とDefeat Deviceについて »