« 「傾向と対策」とDefeat Deviceについて | トップページ | 直噴ガソリン乗用車からの微粒子 »

2015年9月26日 (土)

Defeat Deviceの解除がもたらすもの

Defeat Deviceは、排出ガス低減装置・機構の一部又は全部を、実際の走行状況にあって「無効化」する装置なので、今回のケースで言えばソフトを削除すれば、排出ガス低減装置が働いて、低公害車になることができるのでしょう。

しかし、そのことはこの装置を採用した理由(=真の課題)に直面することを意味します。①燃費が悪化する、②排出ガス低減装置の寿命を短くする等です。したがって、本件のリコールの後、同装置が搭載された車両に係る顧客に対する補償と再リコールのリスクが時限爆弾のように仕込まれることになるのではないかと危惧しています。

     (g/km)
  新車排出ガス規制   適用年      NOx
  2009年規制(日本)   2009年 0.080
  ユーロ5(欧州)   2008年 0.180
  ユーロ6(欧州)   2014年 0.080
  Tier 2 Bin   5(米国)   2007年 0.044

|

« 「傾向と対策」とDefeat Deviceについて | トップページ | 直噴ガソリン乗用車からの微粒子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/61775138

この記事へのトラックバック一覧です: Defeat Deviceの解除がもたらすもの:

« 「傾向と対策」とDefeat Deviceについて | トップページ | 直噴ガソリン乗用車からの微粒子 »