« 悲しいことです。ルクソール事件を思い出します。 | トップページ | 開花宣言はまだですが »

2015年3月19日 (木)

プロバイダさんから安くなるというお手紙が

2012年3月に、フレッツ光ファミリー・ハイスピードタイプの二年割に加入したので、まる3年が経過しました。消費税抜きで、5,200円(月額利用料)-700円(二年割)-400円(マンスリーポイント)=4,100円といったところで、これにプロバイダ費用500円を加算すると4,600円が実質費用となっています。頂いたプランは、4,360円ですから240円差。来年になれば、マンスリーポイントが500円となるので、140円差となります。有意の差と思えず、現行契約を維持することとしました。

Photo_2
久しぶりにNTT東日本さんのHPを見たら、フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプというのが、5,400円で提供されていることを知りました。そんなに速くなくても良いと、これまた見送りです。

Photo_3

|

« 悲しいことです。ルクソール事件を思い出します。 | トップページ | 開花宣言はまだですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/59328785

この記事へのトラックバック一覧です: プロバイダさんから安くなるというお手紙が:

« 悲しいことです。ルクソール事件を思い出します。 | トップページ | 開花宣言はまだですが »