« 天文学者がやってくる。 | トップページ | Lideo(リディオ)とは »

2014年10月 4日 (土)

チューリヒ美術館展とポール・ボキューズ

六本木に車を飛ばして、チューリヒ美術館展に行ってきました。モンドリアンの「赤、青、黄のあるコンポジション」(1930年)、キリコの「塔」(1913年)、ダリの「バラの頭の女」(1935年)をじっくり鑑賞。印象派以降の西洋絵画を堪能しました。

Dscn6926

Img_0018

その後、ブラッスリー ポール・ボキューズさんに、30分待ちで入店。ランチを楽しませてもらいました。牛肉の赤ワイン煮込みは、とても美味しかったです。

Dscn6920

1 Dscn6922

Dscn6919

Dscn6923

Dscn6924

Dscn6925

追伸:クレーム・ブリュレを今の形にしたのは、Paul Bocuse氏であることを後から知りました。

|

« 天文学者がやってくる。 | トップページ | Lideo(リディオ)とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/57573594

この記事へのトラックバック一覧です: チューリヒ美術館展とポール・ボキューズ:

« 天文学者がやってくる。 | トップページ | Lideo(リディオ)とは »