« 折れないという傘を注文しました | トップページ | 駐車場は空いていました »

2012年6月23日 (土)

ベルリン国立美術館展に行ってきました

フェルメールの「真珠の首飾りの少女」を見に、ベルリン国立美術館展に行ってきました。思ったより空いていて、ゆっくり堪能することが出来ました。それ以外に気に入ったのが、ヤン・ダヴィッドゾーン・デ・ヘームの「果物、花、ワイングラスのある静物」(1651年)。その精密で透明感すらある描写に脱帽。

1_3

続いて、常設展に移動。写真撮影の注意が書かれた紙をよく読んでから、カルロ・ドルチの「悲しみの聖母」を撮影しました。やはりフラッシュなしでは難しかったです。

112

ふと見ると、とても雰囲気の似ている静物画を見つけました。後で調べたら、息子さんの作品でした。なるほど。

Photo

その後、「Caféすいれん」さんで、中庭を見ながらケーキセットを頂きました。とても贅沢な気分でした。

Dscn0351

|

« 折れないという傘を注文しました | トップページ | 駐車場は空いていました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/45803845

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリン国立美術館展に行ってきました:

« 折れないという傘を注文しました | トップページ | 駐車場は空いていました »