« 袖丈を詰めてもらいました | トップページ | 高尾山に紅葉狩りに行きました。 »

2011年11月20日 (日)

いいじゃないの幸せならば

由紀さおりさんの「1969」を聞いていましたら、佐良直美さんの「いいじゃないの幸せならば」がカバーされていました。そもそも、佐良直美さんと言えば、結婚式の定番曲だった「世界は二人のために」のイメージが強く、こんなアンニュイな歌だったのかとびっくり。さらに、この曲は1969年のレコード大賞受賞曲であることも知り、二度びっくりです。子供にはわかりづらい歌詞だったのでしょう。

さて、改めて聞きなおすと、歌詞にある「あの子」には、「年下の彼」と「私の女友達=あなたの妻」という二通りの解釈あるようです。前者ですと、「単に浮気な人」ということですが、後者ですと「友人の夫を略奪する」というドロドロの状況となります。さて、どちらが正解なのか?

Photo_2

|

« 袖丈を詰めてもらいました | トップページ | 高尾山に紅葉狩りに行きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/43078851

この記事へのトラックバック一覧です: いいじゃないの幸せならば:

« 袖丈を詰めてもらいました | トップページ | 高尾山に紅葉狩りに行きました。 »