« ウートオイヤ島の出来事 | トップページ | くず餅の原料が小麦粉だったとは »

2011年7月24日 (日)

中国の和諧号について

中国の新幹線が話題になっていますが、CRH(China Railway High-speed)の車両は、「和諧号」(フーシエハオ)という愛称を持ちます。「和諧」とは中国語で「 調和」の意味で、人と自然の調和、技術の調和、社会の調和を願ってつけられたものだそうです。

2011年7月23日午後8時半(現地時間)過ぎ、中国東部の浙江省温州市で高架橋の上で落雷による停車中の高速列車D3115号 (CRH1B) に後続のD301号 (CRH2E) が追突し、D301号の先頭4両が橋梁より落下し、複数名の死傷者を出す事故を起こしたようです。

Photo

|

« ウートオイヤ島の出来事 | トップページ | くず餅の原料が小麦粉だったとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/40938145

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の和諧号について:

« ウートオイヤ島の出来事 | トップページ | くず餅の原料が小麦粉だったとは »