« 修理完了しました | トップページ | もんじゅの工事が開始されました PartⅡ »

2011年6月11日 (土)

イタリアが舞台だったとは

Photoアランドロンさんが主演する「太陽がいっぱい」のDVDを見ました。フランス映画だから、南仏が舞台と思っていたら、イタリアでした。架空の島モンジベロ Mongibelloは、ナポリの傍のイスキア島 (Ischia)とプローチダ島(Procida)だそうです。

ローマも映画の舞台になり、ウェスティン エクセルシオール ローマ(THE WESTIN EXCELSIOR ROME)が宿泊場所として使われていました。

ラストのまさに「太陽がいっぱい」のせりふの場所は、イスキア島の南部のサンタンジェロなのでしょうか。美しい南イタリアでした。

|

« 修理完了しました | トップページ | もんじゅの工事が開始されました PartⅡ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/40355177

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアが舞台だったとは:

« 修理完了しました | トップページ | もんじゅの工事が開始されました PartⅡ »