« フルモデルチェンジだそうです | トップページ | ルーマニア料理を食べました »

2011年6月26日 (日)

1967年のアカデミー作品賞です

シドニー・ポワチエの「夜の大捜査線」をDVDで見ました。1967年のアカデミー作品賞です。冒頭、フィラデルフィア警察の敏腕刑事ヴァージル・ティップスの週給が、162ドル39セントであることが紹介されています。かなりの高額の給料ということでした。

1971年のスミソニアン体制で308円になる前ですから、1ドルは360円。四倍して月給にひき直すと、23万4000円でしょうか。当時の日本の大卒初任給が25,584円ですから、確かに豊かな国の話ですね。

Photo_2

|

« フルモデルチェンジだそうです | トップページ | ルーマニア料理を食べました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/40553575

この記事へのトラックバック一覧です: 1967年のアカデミー作品賞です:

« フルモデルチェンジだそうです | トップページ | ルーマニア料理を食べました »