« 液状化について | トップページ | そんなに昔だったのでした »

2011年5月22日 (日)

なかなかのデジカメです

富士フイルムさんは、APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix X100」を3月5日に発売しました。今日、そのTVCMを見ました。

APS-Cサイズの大型撮像素子と明るい大口径レンズを搭載しながらコンパクトなボディー。光学式ビューファインダー(OVF)と、レンズと撮像素子を通った画像を液晶パネルに表示する電子ビューファインダー(EVF)を切り替えて表示できる「ハイブリッドビューファインダー」。

なかなか、魅力的なデジカメなので、とても気になりました。

X1001_3

X100

|

« 液状化について | トップページ | そんなに昔だったのでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/40086704

この記事へのトラックバック一覧です: なかなかのデジカメです:

« 液状化について | トップページ | そんなに昔だったのでした »