« 修理から帰ってきました | トップページ | 均一料金とは驚きました »

2010年6月13日 (日)

虞美人草について

Photo

傾国の美女といえば、呉王夫差の西施・楚の項羽の虞美人・唐の玄宗皇帝の楊貴妃が思い出されます。

そんな中国の美女を磁器人形にしたトップアートさんの広告に接しました。各美女のプロフィールを読んでいましたら、虞美人草がひなげしであることを知りました。

「丘の上ひなげしの花で、うらなうのあの人の心、今日もひとり」で知られているひなげしです。確かに赤い花ですが、イメージが一致しませんでした。

一方、「虞美人草」は、美貌のお嬢様である「藤尾」をとりまく、夏目漱石の恋愛長編小説です。こちらのほうは、イメージが合致します。

どうも、明るく可愛いアグネス・チャンさんの印象とのミスマッチなのでしょう。

|

« 修理から帰ってきました | トップページ | 均一料金とは驚きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/35231366

この記事へのトラックバック一覧です: 虞美人草について:

« 修理から帰ってきました | トップページ | 均一料金とは驚きました »