« 正論との評価が PartⅢ | トップページ | 海爾が標準でした »

2010年5月29日 (土)

印象派が目白押しなのには訳がありました PartⅡ

2010年の美術館の企画展が、印象派で占められています。これを受けて、雑誌も印象派の特集を組んでいます。つい、Amazonさんに2誌発注してしまいました。

2

|

« 正論との評価が PartⅢ | トップページ | 海爾が標準でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/34940943

この記事へのトラックバック一覧です: 印象派が目白押しなのには訳がありました PartⅡ:

« 正論との評価が PartⅢ | トップページ | 海爾が標準でした »