« ふるさとは遠きにありて思ふもの | トップページ | 全戸に配布したのでしょうか »

2010年3月14日 (日)

アフリカゾウと人間の共生

今日の朝刊に、保護されているアフリカゾウと増え続ける人間との摩擦が載っていました。79年に約130万頭、98年に約49万頭に減少、06年に保護の結果69万頭まで回復しているとのこと。

Photo

そもそも、89年に象牙の国際取引が禁止されて以来、1999年と2008年の二回の供給の他は、それ以前からの在庫で、印鑑等の生産がなされているそうです。もはや、鼈甲とともに貴重な伝統工芸品なのでしょうか。

ソニーさんの「サービスステーション秋葉原」の途中に、松坂象牙店さんがありました。頂いた夫婦箸は、このお店で購入したと後から聞きました。時を経て、味わいのある色に変わりましたが、一生物と思い毎日愛用しています。

|

« ふるさとは遠きにありて思ふもの | トップページ | 全戸に配布したのでしょうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/33764174

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカゾウと人間の共生:

« ふるさとは遠きにありて思ふもの | トップページ | 全戸に配布したのでしょうか »