« マスタングがフルモデルチェンジ? | トップページ | クリスマスキャロルを見てきました »

2009年11月15日 (日)

看過しないとすれば何ができたか PartⅡ

Photo 産経新聞さんが、11月14日9時9分配信した「痴漢→婦女暴行 巨大ターミナルで“見殺し”にされた女子高生の悲劇」を見ました。

『朝の満員電車で女子高生に痴漢をした揚げ句、公衆トイレに連れ込み乱暴した会社員の男が警視庁に逮捕された。周囲は通勤客らでごった返していたにもかかわらず、女子高生に救いの手が差し出されることはなかった。電車や駅を舞台にした婦女暴行事件は後を絶たず、中には乗客が異変に気付きながら傍観していたケースもある。衆人環視の現場で、卑劣な性犯罪が繰り返される悲劇。都会の無関心が女性を見殺しにしているのならば、あまりにも悲しい』との記事で、10月2日に新宿駅西口で発生しています。

平成18年8月3日JR北陸線の富山発大阪行きの特急「サンダーバード50号」を思い出しましたし、「JR東日本でも昨年3~4月、JR東海道線のグリーン車内で女性乗務員2人が相次いで乱暴される事件が発生した」との情報もありました。

いずれにしろ、看過しないとすれば何ができたのかを考えさせられる事件です。

|

« マスタングがフルモデルチェンジ? | トップページ | クリスマスキャロルを見てきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/32225485

この記事へのトラックバック一覧です: 看過しないとすれば何ができたか PartⅡ:

« マスタングがフルモデルチェンジ? | トップページ | クリスマスキャロルを見てきました »