« 頑張れペンタックス | トップページ | ペンタックス東京営業所について »

2009年7月18日 (土)

ペンタックスの苦悩について PartⅢ

ペンタックス博物館閉鎖のアサヒカメラの記事を読みました。なんと、益子事業所が3年後に閉鎖される一環だというのです。レンズはベトナム、カメラはフィリピンに移転するそうです。

さらに驚くべきは、現在の益子事業所の300名の従業員のうち大半は医療機器事業関係で、カメラを担当するイメージング・システム事業部関係は、館長を含めてわずか5名。そして、見学者は、5~6名/日だったそうです。

結局、ペンタックスブランドは、東京都板橋区前野町に集中することになるのでしょうか。ペンタックスファンとしては、伝統あるブランドの継続に期待します。

Pentax_2

|

« 頑張れペンタックス | トップページ | ペンタックス東京営業所について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/30596274

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックスの苦悩について PartⅢ:

« 頑張れペンタックス | トップページ | ペンタックス東京営業所について »