« 電球は進化する | トップページ | 大丈夫か心配です »

2009年6月28日 (日)

国立西洋美術館を世界遺産に PartⅡ

スペイン・セビリアで開催された第33回世界遺産委員会で、フランス人建築家ル・コルビュジエ(1887~1965)が設計した6か国計22の作品について、世界遺産登録を見送ることを決めたと発表したそうです。これにより、上野の「国立西洋美術館」は、落選してしまいました。

推薦手続き直前に、インドの「チャンディガールの建築物群」が外れたのも不利に働いたとの記事をみて調べてみました。確かに、そこにはコルビュジエの建物があります。美術館は上野の建物と似ています。関連で、上野の建物の一階ピロティが建設当時はもっと広かったことを知りました。捲土重来を期待するところであります。

Photo_2

|

« 電球は進化する | トップページ | 大丈夫か心配です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/30312344

この記事へのトラックバック一覧です: 国立西洋美術館を世界遺産に PartⅡ:

« 電球は進化する | トップページ | 大丈夫か心配です »