« 効果があることを祈ります PartⅡ | トップページ | 小さくてよく見えません PartⅡ »

2008年11月24日 (月)

ULCPCというジャンルのPCについて

Eee_pc_s10_2 Windows XPは、2008年6月に販売停止になりました。しかし、「Windows XP Home Edition」を搭載した価格の安い小型のPCが現在も販売されています。

調べてみますと、Microsoftさんは2008年4月3日、「ULCPCs (ultra-low-cost PCs)向けに限って2010年6月30日もしくはVistaの次のWindowsの一般提供開始から1年後までに延長する」と発表していました。

ULCPCの定義はどうも曖昧のようで、(1)低速シングルコアCPU (2)メモリ:1GB以下 (3)HDD:160GB以下 (SSD 16GB以下) (4)ディスプレイ:14.1"以下のようです。SSDが64GBぐらいあれば良いと思いますが、これでも十分な性能ではないかと思います。

このスペックの範囲内でのPCが続々でてくるようで、ASUSさんから1024×600の10.2インチ液晶を搭載した「Eee PC S101」が11月22日より販売を開始されました。これは優れもののようです。

|

« 効果があることを祈ります PartⅡ | トップページ | 小さくてよく見えません PartⅡ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/25625657

この記事へのトラックバック一覧です: ULCPCというジャンルのPCについて:

« 効果があることを祈ります PartⅡ | トップページ | 小さくてよく見えません PartⅡ »