« 371分の大作です | トップページ | 仕方がないのですが、でも高い »

2008年10月14日 (火)

「おくりびと」を見てきました

802席の『丸の内ピカデリー1』の2階席で、映画「おくりびと」を見てきました。山崎努さん、笹野高史さんという渋い脇役に負けない演技の本木雅弘さん。余貴美子さんや吉行和子さんという助演女優に演技ではかなわないものの、愛らしさで余りある広末涼子さん。

広末さんの演技について、ブログで色々書かれています。特に、「けがらわしい」というせりふが問題になっていますが、最後の場面で「夫は納棺師です」と葬儀社の人にきっちり言い切るための「伏線」だと思います。

美しい鳥海山を背景にした山形県庄内平野を舞台に、じんわり心に沁みる映画でした。10月11日に亡くなられた峰岸徹さんも出演していました。ご冥福をお祈りします。

Photo

|

« 371分の大作です | トップページ | 仕方がないのですが、でも高い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」を見てきました:

« 371分の大作です | トップページ | 仕方がないのですが、でも高い »