« 弱点が克服できます | トップページ | 安くなりすぎですか »

2007年10月13日 (土)

芸術の秋が始まりました

Photo秋の風が吹き出し、上野の森も芸術の季節となりました。国立西洋美術館はムンク展、上野の森美術館はシャガール展、そして東京都美術館はフィラデルフィア美術館展です。

車を飛ばして、東京都美術館に行ってきました。47作家の油彩72点(うちヨーロッパ絵画57点、アメリカ絵画15点)に加え、彫刻が5点の計77点の展示です。

お気に入りは、ルノワールの『ルグラン嬢の肖像』。1875年の作品ですが、まるで昨日描かれたのかと思うほど瑞々しい作品で大感激。

コロー、クールベ、ブーダンに始まり、マネ、ドガ、ピサロ、モネ、ゴーガン、ルノワール、ゴッホ、セザンヌといった、日本人がこよなく愛する印象派の傑作がずらりと並ぶのに加え、ピカソ、マティス、レジェ、シャガール、ミロ、デュシャンなど、きら星のごとき20世紀の巨匠の名作が惜しげもなく出品されています。

なんとキリコの『占い師の報酬』もあり、ちょっと得した気のする展覧会でした。

Photo_2

|

« 弱点が克服できます | トップページ | 安くなりすぎですか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/8389343

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術の秋が始まりました:

» フィラデルフィア美術館展 [たび☆めし☆うま BLOG]
フィラデルフィア美術館は、アメリカ未曾有の繁栄を享受し、近現代美術の収集に情熱を注いだ多くの個人コレクターの寄贈により、現在では中世、ルネサンスから現代絵画に至る約25万点の所蔵品を誇るアメリカ屈指の美術館として知られています。特にヨーロッパ、アメリカの...... [続きを読む]

受信: 2007年10月24日 (水) 00時41分

« 弱点が克服できます | トップページ | 安くなりすぎですか »