« ビクターがケンウッドに吸収されるとのこと | トップページ | 車検証のコピーが着きました »

2007年6月24日 (日)

贖罪なのでしょうか

今日の朝刊に、「家族」という記事があり、窪島誠一郎氏(65)の話が取り上げられていました。

最後に、『精いっぱい愛情で育ててくれた2人への、「贖罪の場所」でもある』とありましたが、どうも腑に落ちません。30過ぎても、育ての親への感謝の気持ちを持てなかった子供のような男。やっと、還暦を過ぎて悟ったのか。

そこで、窪島誠一郎氏の「父への手紙」(1981年)と「雁と雁の子」(2005年)を図書館で読んできました。2冊を読み終えて、「窪島誠一郎氏の心の闇は深く、朝日新聞の記事のようなものではない」と感じました。

Photo_97

|

« ビクターがケンウッドに吸収されるとのこと | トップページ | 車検証のコピーが着きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/6907167

この記事へのトラックバック一覧です: 贖罪なのでしょうか:

« ビクターがケンウッドに吸収されるとのこと | トップページ | 車検証のコピーが着きました »