« かき揚なら「銀座天國」さんですね | トップページ | 無線LANカードに苦戦しました »

2006年12月13日 (水)

明治の文豪

明治の文豪といえば、森鴎外と夏目漱石でしょうか。本のリサイクルショップの100円コーナーには、こうした作家の代表作がさりげなく販売されています。

夏目漱石の「坊っちゃん」 を購入しました。1906年の「ホトトギス」の4月号に載せられた小説ですから、ちょうど100年前の作品。非常に読みやすく、面白いのであやうく電車を乗り過ごしそうになりました。

少年の頃読んだはずの夏目漱石の本をもう一度読み返してみようかなとふと思いました。坊っちゃん

|

« かき揚なら「銀座天國」さんですね | トップページ | 無線LANカードに苦戦しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治の文豪:

« かき揚なら「銀座天國」さんですね | トップページ | 無線LANカードに苦戦しました »