« 年賀状の印刷 | トップページ | クリスマスも近くて »

2006年12月17日 (日)

本屋さんでビックリ

夏目漱石を読もうということで、本屋さんに行きました。「吾輩は猫である」は有名なので、まずそれでもと書架前に立ってビックリ。

なんと文庫で500ページを超える長編小説だったのです。そんなに長い小説だったという印象を持っていなかったのですが、記憶というものはしょせんそんなものなのでしょう。

分厚い文庫は、電車の中で読むのに向いていないということで、「三四郎」「それから」「こころ」の三冊をとりあえず買ってみました。

吾輩は猫である

|

« 年賀状の印刷 | トップページ | クリスマスも近くて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/4579082

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋さんでビックリ:

« 年賀状の印刷 | トップページ | クリスマスも近くて »