« 迷惑トラックバック | トップページ | ららぽーと豊洲に行ってきました »

2006年10月15日 (日)

トンネルを抜けると

ノーベル文学賞と言えば川端康成。その代表作『雪国』の最初の一文は有名ですが、まったく誤解して覚えてました。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった」が正解

読書感想文は1行読めば書ける!実践1『雪国』.

上記の指摘にある (1)「そこは雪国であった」の「そこは」は原文にはない。 (2)「夜の底が白くなった」ということから昼間ではない

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB

さらに上記の指摘にある 、(3)清水トンネル(=国境の長いトンネル)は、煤煙の関係で蒸気機関車を使っていなかった。

しかし、イメージは「雪に覆われた昼間の銀世界を、ボオーッと汽笛を鳴らしながらシュポシュポと蒸気機関車が走っていく」ですよね。

Photo_1

 

 ⇔ DVDもこのイメージを踏襲してました

  (19歳の駒子を当時24歳の岩下志麻が演じています

|

« 迷惑トラックバック | トップページ | ららぽーと豊洲に行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166597/3809867

この記事へのトラックバック一覧です: トンネルを抜けると:

« 迷惑トラックバック | トップページ | ららぽーと豊洲に行ってきました »